猫の恩返し

むかしむかし…ではありませんが、
あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。
二人はとても仲の良い夫婦でしたが、子供がなくさびしく暮らしていました。

おじいさんは、お百姓さんです。
その日も、野良仕事を終えて家に帰るところでした。
ふと見ると、一匹の野良猫が捕獲器に閉じ込められて泣いています。
231125s1.png

「可哀想なことをする。」
「猫はネズミを退治してくれる守り神じゃと言うのに…。」
「嫌な時代になったものじゃ。」

「よし、待っとれよ。すぐに出してやるからの!」

おじいさんは、野良猫を助け出してやりました。

猫は、おじいさんの方をじっと見ています。
「早うお行き。また悪い奴らに捕まるぞ。」

猫は、おじいさんの言葉を聞いて、去っていきました。

おじいさんは、家に帰っておばあさんにその話をしました。
「それは良いことをなさいました。」
「でもおじいさん、どうせならその猫、うちに連れて来れば良かったのに。」

「おお、そうじゃった。なんでそのことに気がつかんかったんじゃろう。」


その時です。トントントンと玄関を叩く音がしました。
「誰じゃろう、こんな時間に?」

おばあさんが玄関を開けると、若い娘が立っていました。
「こんばんは。夜分すみません。実は道に迷ってしまったのです。」

「まあ、それは難儀をしなすったのう。今日はもう遅いからうちに泊まって行きなさい。」
「うちはおじいさんと私の二人っきりじゃから、遠慮はいらんよ。」
おばあさんは、娘を家に入れました。

娘は、おじいさんおばあさんに身の上話をしました。
「私は、幼いときに親と離れ離れになり、ずっと一人暮らしでした。」
「今日も行く当てがなく、さまよい歩いていたのです。」

おじいさんおばあさんは言いました。
「うちにずっとおりなさい。うちは、このようなあばら家じゃが、なんの気兼ねもいらんよ。」231125s2.jpg
その日から、娘はおじいさんおばあさんと一緒に暮らすようになりました。
娘は、畑仕事を手伝います。
「お前は、野良仕事が上手じゃのう。」
「はい。生まれた時からずっと野良でしたから。」
「???」

おじいさんおばあさんは、実の娘が出来たようでした。


しばらく経ったある日、突然娘が言いました。
「私をしばらくの間、一人っきりで部屋にこもらせて下さい。」
「そして部屋の中を、決して覗かないで下さい。」
「理由は今は言えません。どうかお願いします。」

おじいさんおばあさんは、娘の願いを聞き入れました。
娘は、部屋にこもりっきりになりました。
おじいさんおばあさんは約束を守り、部屋の入り口にご飯と水だけ置いて、ずっと待ちました。

一月半ほど経って、ようやく娘が出てきました。
腕には、三匹の可愛い子猫を抱いています。
231125s3a.png
「どうしたんじゃ? 子猫は。」
「おじいさんおばあさん、これは私の子供です。」
「私は、以前おじいさんに助けてもらった野良猫です。」

あの時、野良猫は身ごもっていました。
そして、部屋で3匹の子猫を産み、一ヶ月半の間育てていたのです。

「あの時おじいさんが助けてくれなければ、この子らは悪い人間に殺されてしまう所でした。」
「おじいさんは、命の恩人です。」


231125s4.jpg

「おじいさんおばあさん、私はもう行かなければなりません。」
「どうかこの子たちを孫だと思って、可愛がってやって下さい。」

「それはもちろんじゃが、お前も一緒に居れば良いのに。」

「いいえ、それは出来ません。野良猫の定めなのです。」
「おじいさん、おばあさんのことは、決して忘れません。」
「どうか長生きして、子供たちと一緒に幸せに暮らして下さい。」

娘はそう言って、去っていきました。
あとには可愛い3匹の子猫が残りました。
231125s5.jpg

おじいさんおばあさん、そして3匹の猫たちは、仲良く幸せに暮らしました。
めでたしめでたし。




*この物語はフィクションです。
でも実際に起こりそうな話でしょ?
みなさんも罠にかかった可哀想な野良猫を見つけたら、助けてやって下さい。
猫は恩を忘れません。きっと恩返しにやって来ますよ。

今、野良猫のお腹の赤ちゃんは、悪い人たちによってたくさん殺されています。
どうかお腹の赤ちゃんを守って下さい。
こちらをお読み下さい。




一生懸命生きている野良猫のことを多くの人に知ってもらうために、ランキングに参加しています。
ポチっと押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ野良猫ランキング
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
とても素敵なお話しでしたね。
私は何が正しいのかわかりませんが、この地球という星に生まれた命は
全てかけがえのない、尊く大切なものだと考えています。
精一杯その命をまっとうするということは
命あるもの全てに等しくある権利だと思います。
地上にある尊き命全てが穏やかに過ごせるよう願ってやみません。

nora2022

Re: こんばんは。
槙さん。ご無沙汰しております。お元気ですか?
コメントありがとうございました。
全ての命はかけがえがなく尊い。本当にそうですね。
お腹の子も生きる権利があります。
みんなちゃんと産まれて、お母さんに甘えられるようになればいいですね。

nekoyashiki1230

ご無沙汰しています
お元気ですか?
ご無沙汰しています。

こちらは春に保護したメス猫ミュウ共々恙無く暮らせています。
8月に猫エイズに感染していた最後の外猫(享年4才)が死んでしまったので、
猫屋敷ではなくなってしまいましたが......

死んだ猫が1才になった頃、足を怪我したのがきっかけで時々家の中に入ってきて休むようになっていたので、もっと早くから獣医さんに連れて行って医療にかけてやればよかったと後悔しています。獣医さんにも何軒か連れて行ったのですが、どこの獣医さんも猫エイズ、未去勢の外猫だとあまりまともに診てくれなくて、ステロイド注射や抗生剤を出してくれる程度の対応しかしてくれませんでした。普段からもっと信頼できる獣医さんを探しておくべきだったと反省しています。人間にはあまり慣れてませんでしたが、猫同士で喧嘩してるところは見たことのない穏やかな優しい性格の猫で、私は気に入っていたのでとても可哀想なことをしたと思っています。

私も今年に入ってからTNRに疑問を感じるようになりました。
TNRが直接猫の幸せに繋がってるようには思えないし、
何年続けたところで野良猫がゼロになることはなく、
人的、経済的に限りのある保護猫団体がやるべき活動ではなく、
やるとしても自治体などの行政がやるべき仕事だと思います。

子猫の里親探しの件では的確なアドバイスをいただきありがとうございました。
これから寒くなってきますが、
nora2022さんと保護されている猫ちゃんたちが健やかに過ごされますように
お祈りしています。

nora2022

Re: ご無沙汰しています
コメントありがとうございます。

外猫さん可哀想なことをしましたね。
うちのNoraもエイズ感染しており、他猫事とは思えません。

獣医さんって、野良猫の治療を嫌がる人多いですよね。
それがTNR大ブームになって、野良猫さん上得意さんになりました。
TNRは、大手TNR団体と獣医師会が結託したビジネスだと思います。

保護猫団体の多くは、大手TNR団体と繋がっていて、手術代無料になるチケット貰ったり、寄付金集めの手ほどきを受けたり、その代わりにTNRの実戦部隊になっていると思います。
商売上手な団体はきっちり儲けています。うちの地元でも、行政の助成金だけじゃなく、クラファンで寄付金1000万円集めている団体があります。大手TNR団体によるテレビやネットの宣伝効果が大きいです。

私はあれから子猫を10匹ほど保護し里親募集をしています。
ようやく4匹決まりました。

それではnekoyashiki1230さんも、猫さんたちと一緒にお健やかにお過ごし下さい。
非公開コメント

nora2022

生物化学の研究者です。猫の生態学も研究しています。

野良猫は、私達の身近にいて、野生動物の姿を見せてくれる貴重な存在です。
子猫はとても可愛いです。神出鬼没ですばしっこくて、楽しませてくれます。
野良猫は弱い者同士、助け合って生きています。愛情にあふれた、感動的な光景を見せてくれます。

野良猫は、住む場所がなくなり年々数を減らしています。
野良猫をこれ以上減らさないために、野良猫を守る取り組みをしています。

TNR反対!
(TNR:野良猫を捕獲し避妊去勢して放つこと)
特に、母猫のお腹の赤ちゃんを殺す残虐行為は断じて許せません。
テレビやネットの派手な宣伝で「TNR」は大ブームになり、野良猫は見境なく捕獲されるようになりました。
今、野良猫は存亡の危機にさらされています。

このブログでは、野良猫の魅力と大切さを伝えたいと思います。


ランキング、応援お願いします。
ポチっと押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
猫ランキング
猫ランキング

プロフィール

nora2022

Author:nora2022
生物化学の研究者です。猫の生態学も研究しています。

野良猫は、私達の身近にいて、野生動物の姿を見せてくれる貴重な存在です。
子猫はとても可愛いです。神出鬼没ですばしっこくて、楽しませてくれます。
野良猫は弱い者同士、助け合って生きています。愛情にあふれた、感動的な光景を見せてくれます。

野良猫は、住む場所がなくなり年々数を減らしています。
野良猫をこれ以上減らさないために、野良猫を守る取り組みをしています。

TNR反対!
(TNR:野良猫を捕獲し避妊去勢して放つこと)
特に、母猫のお腹の赤ちゃんを殺す残虐行為は断じて許せません。
テレビやネットの派手な宣伝で「TNR」は大ブームになり、野良猫は見境なく捕獲されるようになりました。
今、野良猫は存亡の危機にさらされています。

このブログでは、野良猫の魅力と大切さを伝えたいと思います。


ランキング、応援お願いします。
ポチっと押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
猫ランキング
猫ランキング

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR